あそびの中に

子どもたちの遊びは、大人の遊びとは全く違うものです。

あそびの中で、不思議さおもしろさ美しさを体験し

自ら関わることで、多くの学びを得ていきます。

その中で、もっと知りたい、もっとかかわりたい、という気持ちが

探求へとつながっていきます。

やりたいが発揮される環境に自ら関り

友だちや先生といっしょにその経験を

豊かなものにしていく。そんな幼稚園でありたいと思っています。

先日の朝、廊下でおもちゃのワミーを長ーく長ーくつなぎはじめた子どもたち。

「もっと引っ張って」「まっすぐ」そんな声が聞こえています。

「何個かな?」と数え始めた年長さん。

声に出しながら数えています。

こんな日常の遊びの小さな一コマから

対話的な学びが広がっていきます。

 

 

ワミーをつなげたら保育室じゃあ狭いから 廊下でもっと長くしたいんだ

玄関まで長くなったよ 全部で何個かな?

180,181,182・・・・・・・・・・・ 245,246,247,248 248個あったよ

園庭で

園庭では

山を登ったり虫を捕まえたり

やりたいあそびが広がります。

おにごっこや土の山登りのおかげかな

年長さんの走るスピードが速くなっています。

交通安全教室

今日は、市の交通指導員の方に来ていただいて

交通安全教室が開かれました。

自動車で移動する機会が多い子どもたちです。

安全な歩き方を身につけ、小学校入学を迎えたいですね。

 

 

 

クッキング

野菜嫌いの子も

時々、魔法のようにおいしく野菜を食べることがあります。

今日は、クッキングの日。

自分でキャベツをちぎって袋に入れて

ひとつまみのお塩といっしょにモミモミモミモミ。

キャベツが変身しました。

自分で作ったからでしょうか。

おともだちと食べるからでしょうか。

おにぎりといっしょに、パクパクモリモリ。

☆おいしい☆の魔法がかかったようですね。